ベランダの雨漏りを防ぐ工事|防水工事で劣化を防ごう

男性

雨漏り対策として

家のイラスト

雨漏りが発生すると、水の侵入個所の特定に時間がかかることがあり、水の侵入は住宅を大きく傷める原因にもなる。これらを防止するために行われるのが、防水工事である。防水工事を行うことで、雨漏りなどのリスクを軽減できる。

読んでみよう

雨水対策の工事

ベランダ

雨漏りの原因

ベランダは雨の影響を受けやすい部分であり、経年劣化によって雨漏りが起きてしまうことがあります。経年劣化の具体例には、塗装の剥がれや床のひび割れなどです。これらを放っておくと室内にまで雨が染み込んでしまうおそれがあり、劣化の影響がどんどん進んでしまいます。このような事態にはベランダの防水工事を行う必要があり、今後雨漏りを起こさない対策をしないといけません。防水工事を検討する場合、業者へ連絡をして1度現場を見てもらうようにします。詳しい雨漏りの原因を突き止めてもらい、防水工事の流れや費用を説明してもらうようにしましょう。ベランダが何箇所かある場合は、1箇所だけでなく他のところも見て防水工事の必要性を考えなければいけません。

工事で使われる材料

ベランダの防水工事では、ベランダの床一面に防水材を施していきます。工事で使われる防水材には、耐水性や衝撃性に優れたFRP素材があります。FRPは繊維強化プラスチックのことで、工事の成型でよく使われています。他にはウレタン防水があり、ウレタン樹脂を塗りつけて固まるようにしていきます。狭い場所や複雑な形のところでも完全な防水膜ができるので、見た目もきれいに仕上がります。これらの防水材を塗る前には、下地である床をきれいに補修していきます。ひび割れが起きているところも完全に修復させていくため、そのお蔭で塗りやすく跡が目立たない状態になります。工事を終えた後はその部分をしばらく乾かしていけば、安心できる耐久性ときれいな見た目ができあがります。雨漏りが起きていなくても、年数が経っていれば予防のために工事を行っておくのもいいでしょう。

屋根は定期的な点検が必要

雨漏り

屋根は太陽や雨や雪などから家を守っています。そのため劣化するのも早いので定期的に点検する必要があります。雨漏りがあると屋内に湿気がこもって、シロアリなどの害虫が発生する原因になります。また柱や壁に染み込んで腐らせます。業者に修理を依頼する時は複数の業者に見積もりを出してもらい、その中から選びます。

読んでみよう

早急に対処をしましょう

バケツ

雨漏りは、そのままのしておくと家に大きなダメージを与えてしまう事があるので、早急に雨漏り修理をしなければなりません。雨漏りの原因は屋根からだけではなく、外壁等からの場合もあります。雨漏りの原因が経年劣化以外の時は、火災保険を使って雨漏り修理ができる事があります。

読んでみよう